2018年

12月

17日

美しいシワ、いい年を重ねて・・・

    すっかり葉が落ちて庭掃きが楽になった。休みの今日はゆっくリズム・・・
倍賞千恵子さんがトーク番組に出ていらした。
77歳だという。今の70歳80歳は本当に若い!特に女優さんたちの若い事・・・
今日の倍賞千恵子さんを拝見した瞬間シワの深さにびっくりした。
しかしお話を伺いながら77歳ならこれが当たり前!まさに生き方がナチュラル!なんだ。
シワ取りシミ取りに奔走している人が多い中(私も悩んでいるが)沢山のシワもシミも生きてきた、年を重ねてきた証、勲章!かも
本当に美しいと思った。
ある時あるお坊さんに「死ぬことってどういうことですか?」と訪ねたそう、「お坊さん曰く、生きることです。)と
     そうなんだろうな!と私も思った。
生きるって幸せになること、幸せと思えることは苦しみを知っているから、楽しいと思えることは悲しみを知っているから・・・
そんな風に思う
ご病気をされ、ご主人を亡くされ沢山の悲しみ、苦しみを乗り越えていらした倍賞千恵子さんのお話に聞き入った。
お料理本を出される程お料理が好きだそう!
食材は余すことなく使い切るそう!蕪のお料理で根の部分を蓋に見立てて作られた写真が紹介されていた。
ステキなお料理・・・
見習わなければ!その生き方、あるがままの姿も
  

2018年

12月

13日

本庶佑さん

「物事に不可能はない。必ず道がある」と繰り返した。
 受賞したがん免疫治療法も当初は眉唾だと誰も信じなかった。諦めなかったのは、座右の銘「有志竟成(ゆうしきょうせい)」の思いがあったからか。「強い志を持てば必ず成し遂げられる」という意味である。
 ノーベル賞晩さん会のスピーチでは「私たちの発見は始まりにすぎない」とも語った。頂上はさらなる高みにあるのだろう。
富士山を人生の目標に例えていたそう
 私たちの目標は、本庶さんのように高くそびえる山ではないかもしれない。けれど、その言葉は、一人一人が自分なりの「富士山」を目指し、頑張ろうという気にさせてくれる。一歩一歩、登っていきたい。2018・12・12 北海道新聞卓上四季より
一緒に研究していた仲間に深く感謝されていらっしゃる姿がテレビで流れたが「実るほどに尚頭を垂れる稲穂・・・」そんな姿に感動した。
「有志竟成」・・・この言葉に励まされた。
かなり前だがお料理が好き、食べることが好きな私は「いつか、何かサロン「喫茶店」の様な事をし色々な方と関わりたい・・・」と夢見ていた。喫茶店ではないが今、レストランとして実現出来た。
小さな夢だけど志は持ち続けていたような気がする。
今も尚夢は限りない!「ああしたい、こうしたい・・・」と志と夢は微妙に違うような気持ちするけれど
持ち続けたい!
本庶佑さんに感謝!

2018年

12月

05日

散りもみじ

      散りもみじ 箒持つ手しばし止め
     敷きつめし砂利を粧う散りもみじ
         お  そ  ま つ・・・

2018年

12月

03日

我が家の紅葉

     これは京都の紅葉ではなく我が家の紅葉、ご来店下さるお客様が歓声をあげて喜んで下さる。
いつもだったらすでに散っているのだけど?異常気象らしい
散りもみじも美しく毎朝掃くのがもったいないと思いながら楽しんでいる。
もうしばらく楽しめそう
     とにかく温かくて昨日今日と自転車日和!土手沿いを走ると踊子草、菜の花、そして秋のセイタカアワダチソウが美しく咲いていた。
季節が混じり合っている様で不思議な感じがした。1時間ほど走ると汗びっしょり!🍁🍁🍁

2018年

11月

27日

忙しかった月、週

     十一月は龍ヶ崎音楽祭の月
3団体に所属している私は大忙しの月(三つもやっているからでしょう!)
そうなんです🎶
女声合唱、フォークソング、アカペラとジャンルが違うのでそれぞれを楽しんでいる。
リハーサルを入れると何と文化会館通いが多いこと!自分でも呆れてしまうほど・・・
しかし歌える幸せも同時に味わってる
何十年続けても上達はなく、でも、「楽しいから🎵」
今回は11曲、歌った♪学生時代の徹夜勉強と同じで翌日は忘れてしまうのだけどお掃除をしていてもお料理をしていても「ルンルン♪ ♪ ♪」と弾んでいる自分がいる。
これが歌の力なのだと思う
いい仲間といい歌をいっぱい歌っていきたい♪
     そうこうしているうちにカレンダーも12月しか残っていない!
今日は小春日和の日だったけど冬将軍がそう遠くないところに腕組みして控えている。
ふるさとのスキー場開きがテレビから流れていた。



2018年

11月

19日

秋から冬へ・・・

    秋が色濃くなり時折冬が見え隠れする季節になった。
囲炉裏に熾た炭の暖かさが冷たい空気とほどよく調和している。
庭には落ち葉が舞い、重なり合って毎朝の掃き掃除は欠かせない!
   この時期になると「全部掃いちゃうと茶蔵の趣がなくなるよ!」今、中二になった孫が幼い頃に言った言葉・・・「趣」そんな難しい言葉を言った事を思いまだす。
    晩秋と初冬のはざま、先日義姉が持って来てくれた白菜が程よく干せてそろそろ漬け頃、明日晴れそうなので一日干して漬けようと思う

2018年

11月

15日

2018年、きょうだい旅行

2018年

11月

15日

2018、きょうだい旅行

    今年も元気できょうだい旅行へ行くことが出来た。
今年は私が幹事で福島の母畑温泉への旅を計画した。
群馬から二人の兄夫婦が、川崎の兄夫婦が、我が家に9:30に集合、10:00に出発。
先ず、袋田の滝を目指した。
次から次へと湧いて来るようにおしゃべりが続く
途中、以前訪れた事のある関所の湯「しゃも料理」で昼食を済ました。
滝はもうすぐ!
紅葉の中🍁滝はとても美しかった。
一番上の姉は足が不自由だが頑張って上まで歩きその美しさ、迫力に感動していた。
     袋田を後にし母畑温泉へ・・・
6時に八幡屋に到着、
温泉の質の良さ、美味しいお料理、にみんな満足してくれた。
美味しいお酒が楽しいおしゃべりに拍車をかけ数時間が過ぎた。
   優しい三人の兄たち、姉たち、みんな色々な事を経て、乗り越えて、齢も重ねて・・・
白髪、シワの深さにそれらが現れているがこうして今年もみんなでいい旅が出来た。
   ゆっくりと楽しい時間が過ぎて行く中「何と幸せな時間だろう・・・」と
熱い想いでいっぱいになった。

2018年

11月

06日

温かい立冬

     猛烈に暑かった夏、果たして涼しい秋が来るのだろうか?
そう思っていた。
しかし季節は確かに巡っている。
花からも、木々からも、感じられ、空も、風も秋を目一杯演出して来た
    今日は立冬
温かい立冬、晩秋の空気、まだ秋が漂っている
この時期に好きになった和歌「奥山にもみじ踏み分けなく鹿の 声聞くときぞ秋はかなしき」が蘇って来る。
先日、ユニークな孫から「春過ぎて夏きにけらし白妙の衣干したり天の香具山」香具山のところを(わび山)と孫の名前をもじったものがラインで送られてきた。
そこで今は秋で、こんな和歌もあるよ、、そんなやりとりがあって又好きな和歌に触れた。
大好きなこの時期、ピーナッツ畑に「のうぼっち」がならんでいる。
又、絵にしたい

2018年

10月

30日

つわぶきの花が咲いた

     天気予報では冬型の気圧配置だそうで秋晴れの快晴が続いているそう!
本当に真っ青!気持ちよくて大きく深呼吸した。
ふと、庭先に咲いたつわぶきの花に目がいった。
深い緑葉に鮮やかな黄色の花に・・・
     つわぶきを知ったのは鹿児島県の甑島出身の義母から、よく 干したつわぶきが送られて来て美味しい煮物として頂いた。
花も美しい事を知り、育てている。
     十年来ご来店下さる、今年98歳になられるS様(敢えてさまとお呼びしたくなるほどとても気品があり、素敵なご婦人)が秋になるとここのつわぶきのに会えるから・・・そう仰って下さる。
しかし先日いらした時はまだ咲いていなかった。
     今回は二本の杖をつかれ、お友達といらしてくださった。
つい最近までご自分でお食事を作られていらしたそう。
     そのすべてにあやかりたい!そう思った。

2018年

10月

29日

つわぶきの花が咲いた

2018年

10月

22日

秋晴れ

    久々の快晴
まさにこれぞ秋晴れ、カラスウリも真っ赤に染まり・・・
今日は朝から大忙し、長男の嫁(Aちゃん)とお友達茶蔵の手づくりのお店の大改装!
その前にお布団干しにシーツやタオルケットの選択!
お日様の恩恵をたっぷり頂いた。
11月に彼女たちの2回目の「ハンドメイドマルシェ」11/8(木)9(金)10(土)のために・・・
才能豊かなお友達のご主人様の大工仕事で見違えるようなお店に!
駐車場の砂利慣らしの為長男、次男夫婦も参加!皆んなのお陰で茶蔵が変身(少しだけど)
お腹を空かし皆んなですき焼き!
様々なジャンルの人たちの様々なお話し、そこに私も加わり少し若返ったような?
暗くなるまでかかりかなり疲れたが「いい疲れ」だった

2018年

10月

15日

深まりゆく秋

    10月に入って30度近い日があったかと思うとここ数日は寒いくらい・・・
今日は秋そのもの、あちこちの紅葉の便りがテレビから知らされる
そんな中、ドライブがてら美浦村にある木材店(店の棚用の)に出かけた
大杉神社、こうの大福店経由で・・・
目的店に着くとあまりに大きいお店にびっくり‼️木のいい香りがお店いっぱいに広がっていた
とても気の良い奥様とご主人様が優しく対応して下さった。
ぴったりの木を得ることが出来、又遠回り(秋を感じながら)して帰宅。
寒さが駆け足で来そうで冬物の衣類を用意する事にした。
秋が深まってくるといつも欲しくなるのが和菓子(黄身しぐれ)とお抹茶、熱いココア、鍋料理・・・
これらを味わうと寒くなるのも悪くない!といつも思う。
今日の収穫、真っ赤なカラスウリを飾った。


2018年

10月

08日

芸術の秋に・・・

    10月に入って30度近い日が続いたがやはり、秋の空気が流れ、空が広がっている
依頼された絵 を描き終えてもイーゼルにキャンバスをそのままに、そこを通るたびに次の絵の構想を練っている
芸術の秋にどっぷり浸かりたくて・・・
    つい先日に自分たちのコンサートを終え、ほっとするまもなく、昔の仲間のコンサートが目白押し・・・
一昨日は流山市「さやの会」のコンサートに出かけた。
声の素晴らしさは勿論の事、演出構成が素晴らしく次の曲は、ステージは何だろう?とワクワクするコンサートだった
みんな、いい年を重ねて尚エネルギッシュだった♪
一緒に行った友達と、「お得なコンサートだったね♪楽しかったね♪」と何度も言いながら帰ってきた。
そして、今日は地元混声合唱団のコンサート、大所帯ならではの大きな大きなコンサートだった。
元一緒に歌った仲間 そして現団員の一生懸命な姿にも感動した。
長年、遠くから通い続けていらっしゃるご高齢の方にお会いし歌うことの素晴らしさを改めて感じ、元気で歌える幸せをしみじみ思った。
夜になると草むらから虫たちのコンサート・・・なかなかのもの♪