2018年

8月

15日

終戦記念日

   晴天の日だった。頭に戦闘帽、足にスキー靴。1945年8月15日、花森安治さんはそんな格好で玉音放送を聞いた。「戦争に行かなくて済んだ。死なずに済んだ」。心からほっとした。
 東京・銀座の焼け野原に腰掛け、戦争をしないためにどうすればいいかを考えた。「暮らしをもっとみんなが大事にしたら、暮らしを破壊するものに反対するんじゃないか」。そう思い至った(『花森安治の従軍手(て)帖(ちょう)』)。この考えが自身が編集長を務め、3年後に発刊する雑誌『暮しの手帖』の原点になった。河北春秋 コラムより
 一昨日「駅の子」というドキュメンタリーを見た
その時代を子供として生きていたからこんな目に・・・
親を亡くし、親戚からも追われやむなく駅で暮らしていた子供達
まるで野良犬の様に虫けらの様に扱われた子達!
知らなかった!
初めて知った!
こんな悲惨な事があった事を!
大人たちが起こした戦争!
数年前見た報道写真、亡くなった弟を焼くために背負って焼き場に佇む幼い少年の姿が蘇って来た
その時も涙が溢れた
花森安治さんの言葉、「戦争をしないためにはどうしたらいいのか?」
本当に、どうしたらいいのだろう?
武器を核を必要としない世の中になるのだろうか?


2018年

8月

09日

北村西望

   広島に次いで長崎にも・・・
北村西望の造られた「平和祈念像」
天に掲げる右腕は原爆の脅威(きょうい)を示し、水平に伸ばした左腕は平和を表現。
そっと閉じた両眼は被爆者の冥福(めいふく)を祈る気持ちを表してるそう
西望のその想いを受け継ぎ常に平和を希求していかなければならないと思う
      大分前になるけど船越保武の「長崎26殉教者記念像」と「平和祈念像」を併せて拝見した事がある
船越さんの作品は表情や佇まいが、とても穏やかで美しく、強さもありながら自愛に満ちていた
その時も自然と手を合わせ祈った
     原子力の町、核を作っている町ハンフォードの人々は作っていることを誇りに思っているという!
そこにある学校の校章が何と原爆のキノコ雲なのだ!身震いした!
核兵器禁止(廃絶)を訴え続けている人(被爆者の生の想い)の話を聞いて考えが改まって行く様子がテレビで報道された
一人一人の小さな行動が大きな力になると


     



2018年

8月

06日

八月六日

     「人間が作ったものを人間が無くせないはずはない・・・」
今朝、8時15分、慰霊碑に向かって発せられた子供たちが訴えた言葉
広島を訪れたオバマさんの言葉「空から死が降ってきて世界が変わった」
      夜、NHKのドラマ「夕凪の街、桜の国」を見た
その中での「将来を自由に選択できる幸せ・・・」原爆を落とされた日一瞬にしてその自由を奪われた人のなんと多かったか!
     毎年この日の8時15分になると黙祷をしながら、祈り、決して戦争をしてはいけないと思う事しか出来ない私
原爆の恐ろしさ、愚かさを痛感した
毎年訴えられているのに未だ保有している国々
国連を動かすのも私たちの小さな声なのだろう
人が人を信じられない!それがある限りなくならないのかも?
 
    明日から香川の秦野の「じいじ、ばあば」のところに帰る孫たちとおみやげのクッキーを焼いた
何気ないこんな日々がしみじみと改めて平和のありがたさを思った
今日も暑かった
庭に真っ白く、百合の花が咲いていた


2018年

7月

28日

故郷を語る

    何故、こんな夢を見るんだろう?
時々不思議に思う事がある。
高校の時の古文を教えて頂いた先生「塩小路貴和子先生」の夢を見た
名前も雅だけど容姿端麗(この先生のための言葉)で
声の素晴らしさ・・・
そこから醸し出される朗読、いつもだったらうるさい男子生徒もその時だけは静かに聞き入っていた
「春はあけぼの・・・」「祇園精舎の鐘の音・・・」「ゆく川の流れは絶えずして・・・」
枕草子、平家物語、方丈記を好きになったのも源氏物語を読み終えたのもこの先生のお陰だった。
      先日「故郷を語る」そんな会があってその準備で「故郷をどのように話そうか?」とずっと考えていた。
 私が故郷を思う時、いつも思い出す、口ずさむ歌がある
いつ、どこで聴いたのか覚えていなかった歌だがメロディーだけは鮮明に覚えていた
それが昨年母校(高校))で講演をさせて頂いた際(講演の中にこの歌をうる覚えながら入れた)分からないところはルールールルールーで、ところが講演終了後に「この曲、私の小学校の校長先生等が作られ今も歌われている歌です」と駆け寄って下さった先生がいらしたのです。
そこで今回「故郷を語る会」で歌おうとその時駆け寄ってくださったS先生の事を思い出しメールで教えていただいた。
お忙しい中S先生は色々調べてくださり
「ふるさと」の歌と言う題名という事がわかった
「水の上、雲流れ 水の底石歌う 
 草深く 牛眠り ひまわりは萌えめぐる
山々よ 野よ川よ 光舞え 風よ吹け
叫ぶとき そのこだま 地の果てに響き行き
水の上 雲流れ 水の底石歌う」
素朴だが美しいメロディー
ずっと耳から離れなかった、いつも心にあった曲だった!
私のふるさとはまさにこの歌詞にある風景そのもの・・・
その事を話した。
昨年 久々に訪れた母校での出来事でずっとうる覚えだった歌が
判明しその時の校舎、教室(建て替えられているが)のあちらこちらに思い出を垣間見る事が出来た事
から高校時代が蘇っての夢かも?
塩小路先生、お元気だろうか?
無性に会いたくなりもう一度あのお姿でお声で「夏は夜、月のころはさらなり 闇もなほ蛍の多く飛び違ひたる・・・」
聞きたくなった


2018年

7月

24日

遠くを見る

春はうぐいすの鳴き声が目覚ましだった♪
最近は蝉の鳴き声と眩しい日差し・・・
春が過ぎ、梅雨を飛び越え、今、まさに盛夏
    昨夜から、夏休みに入った孫たちの恒例のお泊まり会!
全員集合で賑やかな夕食とおしゃべり・・・
親たちは帰りいよいよお泊まり会♪成長した男の子ばかりの孫だけどお食事の準備やらお片づけを手伝ってくれる
(今は男も女もないけど)
お食事さえ用意すれば大丈夫!私の役目も大分楽になった♪
    今日は見たいという映画「未来のミライ」を見に出かけた
それぞれに楽しめた様子(小3から中2だけど)だった
主人公の幼子「くんちゃん」妹が生まれたことで両親の愛情が自分から離れてしまったと思い
幼さゆえの可愛い反抗がくりかえされる
そんな中、成長した妹ミライに出会ったり、自分自身に、
そしてひいおじいさんと出会うシーンがあった
そこで話す言葉の中から少しずつ色々な事がわかって行く!
ちょっとしたことで泣きわめく怖がりやの「くんちゃん」
そんな「くんちゃん」にひいおじいちゃんの言った
「遠くを見て!」「遠くを!」
「くんちゃん」が徐々に理解していく
両親の愛情が妹にとられてしまった!そう思い込む「くんちゃん」が成長していくのだ。
    大人である私も近くにあることしか見ないで右往左往する事ばかり
よく言う「木を見て森を見ず」小さい事に心奪われてしまう
そんな事を示唆してくれた映画
果たして彼らはどう見たのだろうか?

2018年

7月

16日

炎天下で

     やはり今年も、恵の雨だけではなく想像絶する災害が起こってしまった
テレビの画面から流れる映像を見て「炎天下、大変な思いをされていらっしゃる被害者の方にボランティアの方々に只々一日も早い復興をと願うしか出来ない」
何をしても汗が噴き出す💦
一層のことこの暑さの中思いっきり汗をかこうと駐車場の草取りをした
シソジュースに塩を入れ万全を期してじっくり取り組んだ
草取りは意外に好きなのだが・・・しかし暑い!
   途中から息子夫婦と孫が手伝いに来てくれてきれいになった!
シャワー浴びて(これが楽しみで頑張れたけど)
被害地ではシャワーもままならない!
申し訳なさを感じながら汗を流した

2018年

7月

08日

フジコヘミング

     朝起きると青空が広がっていた
最近お店が忙しいので体を休めるため時々2連休を作ることにしたので
もしかしたら蛍に会いに行けるかも?と
諦められなくて月夜野の観光課に電話でお天気を聞いてみた
雨模様だという、残念!
何故こんなに蛍の光に惹かれるのだろう?
幼い頃カルタに書かれていた絵と言葉「ほ、ほ、蛍の豆提灯」と細い草の上で可愛い蛍が豆提灯を肩にかけている絵なのだ!この時期になると思い出す♪
    そこでかねがね見たかったフジコヘミングのドキュメンタリー映画を見に行こうと出かけた
スウエーデン生まれで画家の父、(フジコの絵日記の素晴らしさは父の影響)日本人のピアニストの母のもとに生まれ厳しい母の教育があって今の素晴らしいピアニストフジコが在るのだ
カラヤンに見出され今からという時に聴力を失い、貧乏をし、長い間陽の目を見ずの時代が続き60歳になって実力を見出されたという(実力はあったのだけど)
紆余曲折があり
今、80歳を超えエネルギッシュな心温まる演奏を世界あちこちで行っていらっしゃる
子供がいないので猫や犬を殊の外愛していらっしゃる
映画の中でこんな事をおっしゃっていらした
・人生は時間をかけて自分を愛する事だと
・譜面に書いてないことをイメージを持って弾のだと
   恋をし、やぶれ、そして今も尚恋をしそれが独特なフジコの音色になっているのだと思った
古くて良いもの(調度品、窓のガラス)を好みそんなものに囲まれた生活をあちこちに垣間見ることが出来た
自分の名前を残すのでなく家を残したいそう(どう生きてきたか?家を見るとわかるのだろう、林芙美子の家を見たりするのが好きだという)
ドイツの家もフランスの家もアメリカ、東京、京都と全てが古い家!それを手入れし温かい空間に作り上げその中で音が生まれて行く
ラ、カンパネラは誰にも負けないとおっしゃっていらした
いい映画だった

2018年

7月

05日

戻り梅雨

    「咲き終えし 花になごりの 戻り梅雨」・・・
な〜んちゃって  俳句♪
本来ならまだ梅雨真っ盛りの筈、久々の雨で蒸し暑いけど妙に落ち着く
しかし災害もつきもの、自然の怖さがテレビから報道されている
      六月水無月(みなづき)」は陰暦6月の異名だから、今の暦では7月ごろに当たるそう
「集中豪雨がよく降るころなのに「水が無いというのは変だな」と疑問に思う
 語源を調べてみると、いろいろな説があった。水田に水がたたえられるので元は「水月」」
これなら納得!
「デーリー東北」コラムより
梅雨明けがあまりにも早かったので水不足を心配(まさに水無月)したけど・・・
今週末までは梅雨日和のよう
蛍に会いに行くのは中止
来年かな?

2018年

7月

02日

The 「夏」

    梅雨を飛び越え本格的な夏!こんな暑さがあるのだろうか?
とはいうもののうまく付き合うしかない♪
依頼された絵を描く為キャンバスに向かった!
ある程度のところで絵の具の乾きを待つ事にしパンを買いにつくばへ出かけた!
好きなパンをゲットし洞峰公園で歩こうと向かった♪
炎天下のテニスコートには誰もいないだろうと思ったが若者やお年寄りの方たちも軽快な音を放っていた!
歩こう!
洞峰公園は木が(まるで森の中)多くて全てのコース、日陰の中を歩く事が出来た!
それでも暑く汗をかきながら水筒の紫蘇ジュースを飲み干した。
    私の名前には「夏」が入っているが春4月生まれなのだ♪
無類の歌舞伎好きの父がつけたもの!
父は村の人たちや妹(叔母たち)を集め歌舞伎を教えていたそう
その歌舞伎の話の中に「お夏」と言う美しくて心優しい女性が出て来てその女性に肖りたい???と
最初は「夏代」でなくて「お夏」にしようという事だったらしいが母やみんなに猛反対され「夏代」になったそう!
     できれば「一字で夏が良かったな?それか菜津が?・・・」などと思いながら歩いた
明日も暑そうだが明後日から雨になり少し涼しくなりそう
来週は蛍に会いに月夜野まで小さな「旅」を予定しているけど今のところ8、9日は大丈夫かな?

2018年

6月

27日

歌があれば悲しみの底でも生きられる

    梅雨はどこへ行ったのだろう?
このまま夏に突入?水不足にならないだろうか?と心配になる
タイトルの「歌があれば悲しみの底でも生きられる」これは坂本九さんのお嬢さん大島花子さんのある講演でお話しされた言葉だと言う
永六輔、中村八大、坂本九 いわゆる六 八 九トリオの歌が思い出される
本当にいい歌が多い
・明日があるさ、見上げてごらん夜の星を、遠くへ行きたい・・・
早くに飛行機事故でお父さまを亡くされ色々大変なご苦労もおありだった事でしょう
一つ一つ克服されいきていらしたからこその言葉だと
そしてお父様の歌われた歌に励まされたからこその言葉なのだろうと思った
いつか、混声で歌ってみたいと思っている
難しくなく、綺麗なハモリを楽しめるような六ハ九トリオの歌を・・・

2018年

6月

25日

水戸へ・・・

   もう梅雨明け?そう思わせるようなお天気♪
時間とともに気温がどんどん上がって行く
今日は以前私が所属していた茨城一水会展に友達(付き合ってくれた)と一緒に出かけた
9時過ぎ、Oさんが車を出して下さりNさんと三人で県民文化センターへ向かった
水戸へ行く度にお会いするYさん(以前龍ヶ崎に住んでいらして今は水戸在住の友達)がそこで待っていて下さった♪
初日は一時からだったのでYさんお勧めのステーキハウスへ行き先にお昼!お腹をいっぱいにしてから再度会場に向かった♪
懐かしい先生方にお会いし、沢山の力作に感動した!
皆さんから「又戻って来なさい!」とおっしゃって頂き嬉しかったけど年に4枚の100号の絵を描くことは私にはもう無理だと思った!
あの頃は若さ故よく描いていた!とつくづく思う
しかし既に80歳を超えられながらも今も大作に挑まれていらっしゃる先生方、会員の皆さんに頭が下がる思いがした。
   今、私はギャラリーを兼ねたお店で絵を依頼され描いている
20号どまりだけど今、私に描けるものを・・・
何をどのように描くか構想が決まってから向かうキャンバス、握る絵筆!
その時間がとても好きなのだと新たに気づいた♪
  とにかく今日は暑い日だった!
先程天気予報で「真夏の暑さのリハーサルですね!」と言っていた

2018年

6月

20日

私は私らしく


  今朝コラムを読んでいてまばたきの詩人と呼ばれる水野源三さんの「生きる」と言う詩に出会った
   「神様の 大きな御手の中で/かたつむりは かたつむりらしく歩み/蛍草は 蛍草らしく咲き/雨蛙(あまがえる)は 雨蛙らしく鳴き/神様の 大きな御手の中で/私は 私らしく 生きる」
人と比べることなく自分としてたんたんと生きたいとおもう
素敵な人に憧れ近ずくことはできると思うが
しかしやはり私は私・・・
そう思い、あきらめのように落ち着く
今日は朝から 梅雨は梅雨らしくしとしとと・・・

2018年

6月

18日

合歓の木

    朝から曇り空の休日
台風の影響はほとんどなかったが梅雨寒の休日
今朝、8時少し前、大阪を震源とした震度6弱の地震が起こった
けがをされた方、亡くなった方もおられ自然災害の怖さを再認識した
    今日は車のCDプレイヤーの交換で1:00に予約した車屋さんに出かけた
交換にかかる時間が1時間半程と言うことで傘を手にウオーキングを!
歩き始めると近くの公園で合歓の木、花に出会った
淡い優しいうす紅のふわふわした花、少し吹く風に揺れていた
    美智子妃殿下が作られた合歓の木の子守唄
「ねんねの合歓の木 ねむりの木
          そっと揺すったその枝に
  遠い昔の夜の調べ
  ねんねの 合歓の木 子守唄」
何と優しい歌なんだろう♪美智子妃殿下の優しさそのものが詞に メロディーに紡がれているそんな歌
口ずさみながら歩いた♪
歩きながらまち針がない事を思い出しお店によりまたしばらく歩くとパンが無いのにも気づきパン屋さんにも立ち寄った♪
携帯電話が鳴った!プレイヤーの交換終了の知らせだった!思ったより早かった!
しかし傘を開くことなく約1時間ほどのウオーキングで汗をかくことが出来た


2018年

6月

10日

かこさとしさん

    かこさとしさんが亡くなられた

 ただ子供たちのために・・・
ずっと、その想いで描き続けた絵本の数々

   厳しい病  緑内障 と戦いながら・・・

 大正15年生まれ

戦争体験者、しかし目が悪かった事から戦地には行かなかったそう

次々に命を落としていった友人を想い続けた

   やむ終えず戦争に賛成していた自分!(多くの人がそうだったと思う)その自分を反省し命を落としていった友人に子供たちに償いたい!

戦争が如何に愚かなことかと見分ける力が自分には無かったそう!

だから

「見分ける自分の力を持て !」と伝えたい

絵を媒体として、これからの命は子供たちのために使おうと思って描き続けたそう!子供はしっかり、聞いて見ている そして見抜く!

だから丹念に作る

「子供さんを侮るなかれ・・・」
常に子供の事を考え描いていたそう

    お疲れ様でした

又 読んでみよう!

    今日は梅雨らしい日だった

紫陽花が見事に色づいた

   天国のかこさんに届きますよう

 

 

 

2018年

6月

04日

充実したおやすみ

    朝からいいお天気
ゆっくり起きてゆっくりブランチ♪、素焼きを終えたお皿やカップに釉がけをし午後はお友達とお茶をしその後牛久沼を歩いた♪行きは左に牛久沼を眺めながらさまざまな景色、植物に出会い三日月公民館近くでは菖蒲の花が満開だった♪いつもいただくクレソン(いつものように群生はしていなかったけど)を摘んだ
帰り徐々に茜色に染まっていく牛久沼を眺めながら・・・
家の近くに来ると牛久沼に沈む真っ赤な夕日に感動!
13,000歩!良い汗をかき、充実したおやすみだった♪