2019年

6月

17日

フラワーイーゼル

    梅雨本番、その合間に晴れるお日様の何とありがたいこ!
お布団を干し、シーツ、タオルケットを洗う
庭の草花も勢いよく成長しとらの尾が伸び、紫陽花が鮮やかな青色を濃くし、ススキの株が増えまるで茶蔵はススキの庵(いほり)に改名か?と思うほど・・・
   そんな庭にと、埼玉県から沢山のお客様をお連れに、おいで下さる常連H さまがステキなフラワーイーゼルを可愛い小花と一緒に持ってきてくださったのだー!
お陰様で茶蔵の庭がグレードアップしたよう
本当にありがたいことと感謝の気持ちでいっぱいになった
     今、夜11時を過ぎている
テレビで女性剣士が老いて今も八段に挑戦している姿が流れている
素晴らしい挑戦!だ、今回も不合格だったが挑戦しているその姿が美しくて輝いている
    あこがれるだけだけど・・・


2019年

6月

17日

フラーワーイーゼル

2019年

6月

10日

シューファルシ

     今朝テレビを見ていたらフランスで「シューファルシ」(ロールキャベツ)の美味しいお店が紹介されていた
だいぶ前だけどフランスに行った時食べたことを思い出した
まさかと思ったけど店構えがその時訪れたものに何となく似ていた
あまりの美味しさに帰国してすぐに真似して作った記憶も蘇って来た
     今日もそのテレビを見て作ろうと材料を買ってきた!
何と単純細胞な自分に呆れている
   今日はまさに梅雨日和、しかも梅雨寒な日だけど紫陽花は輝いて咲いている
午後、以前ドイツを代表するベルリンRIAS室内合唱団の録画を見ようと友達が集まり
聴きながら楽しいテイータイムを過ごした
ジメジメ梅雨が一瞬どこかに消えたかのようなそんな時間が流れた
    明日食べようと「シューファルシ」を煮込んだ
明日が楽しみ!美味しくなりますように・・・

2019年

6月

03日

良き友遠方より・・・

       昨日から袋田を旅している群馬の水上の吹路(素敵な名前)の山の中腹でログハウスで素敵な暮らしをされていらっしゃるお友達(お会いするのは2度目!)ご夫妻が我が家を訪れて下さった。
ご主人様は元ラガーマン、奥様はものづくりの達人!初めてお邪魔させていただいた時見せていただいた数々の作品に魅せられ、是非うちの店、茶蔵にも・・・という事で
   義姉、介して知り合い、お会いした瞬間にお二人のお人柄にも魅せられた
こんなことって!あるんだろうか?と思うくらい意気投合してしまった。
梅雨が近いのかな?と思わせる湿度の高い日だったけどお昼を頂きながら楽しい、爽やかなお話が出来、あっという間に時間が過ぎた♫
    夏の終わり、二人のお住いの近くにある赤谷湖に上がる花火がベランダから丸見えだそう!
「是非観に来て!」とお誘いを受け、再会を約束した

2019年

5月

28日

五月なのに猛暑

      一年で一番過ごしやすい季節なのに猛暑が4日間も続いた
本格的な夏になったらどうなるのだろうかと懸念する
      今年も、お友達Yさんのローズガーデンへのお誘いを頂き昨日、友達と出かけた
車を降りた瞬間 バラの甘いなんとも言えない香りが漂って来た
     Yさん曰く「来週が見頃だったの!」
それでもまだまだ十分楽しませていただき沢山のバラに囲まれてのテイータイムとおしゃべりは楽しかった
     今朝は比較的過ごしやすく庭に目をやると大好きなどくだみの花が満開になっている
ハートの形をした優しい緑の葉が重なり、重なり濃い、深い緑を醸し出しそれに護られるように輝くほどの真っ白な花が咲いている
それは十字架にも似て・・・
今までに、「十字架の花」として描いて来た
今年も・・・

2019年

5月

20日

ムジカが終わって・・・

   合唱団のメインイベントの一つムジカフェスタが昨日終わった
今回は会場が遠く坂東市まで約1時間のドライブ
はじめてのホールだったのでまず会場探検!
 出来不出来はともかく無事発表が終わった
   今回も以前ご指導いただいたK先生ご夫妻が聴きにいらして下さった
ご病気をされ今もリハビリに励んでいらっしゃる毎日だそう
歌が大好きで熱心に指導して下さった先生!又ご一緒に歌えたら・・・
そう思った
   ムジカ終了後ドーム状のアトリュウムからステキな歌声が聞こえてきた
急いで着替えて行くとK先生が30年以上ご指導されていた男声合唱団の皆さんがK先生を囲み
「ぜんぶ」というとてもステキな曲をステキなハーモニーで歌っていらした
K先生大泣き・・・
何とステキな仲間なんだろう!
思わず「ブラボー!」
   団員のお一人が「もう一度先生をステージに立たせたい!」
そうおっしゃっていらした
昨日のどの演奏よりも素敵だった




   

2019年

5月

14日

信州の旅

    標高2030メートルほどある信州美ヶ原の王ケ頭へ一昨日、昨日と旅をして来た
この上ない天気!景色に感動し、癒されて来た
     一日目は安曇野アートラインを訪れ荻原禄山、ちひろ美術館を巡り王ケ頭ホテルを目指した
頂上からは、北、南、中央アルプス等がぐるりと見渡せるホテル
だいぶ前に訪れた事があり、その時は山小屋の趣であったがリニューアルされまさにホテル、全てが素晴らしかった。
ウエルカムドリンクと共に夕焼けが迎えてくれた
夜10時過ぎ星空も・・・
    早朝王ケ鼻と言われる所へバスで移動し雪化粧のアルプス、松本市内の素晴らしい景色に感動、美味しい朝食を終え、ホテルを後にし素晴らしい新緑の山々も満喫!上田市、長野市のステキな街にも・・・
今回の旅では大好きな東山魁夷の美術館を訪れたかったのだが今修復工事中で10月まで閉館!
それだけが残念だったが10月に又訪れる楽しみが出来た

2019年

5月

06日

ベニシアの言葉

   「The modest  bristle. Grass. Grows. In. All. seasons. Along. the  country. lanes and hedgerows in  Aohaka.
Its long furry tail that can be easily missed reminds me to be humble 」
  「 大原の田舎道や生垣に沿って一年中生えている猫じゃらし。見落としてしまいそうな その長くてふさふさとした姿は、私に慎ましやかである様に教えてくれる」

  これは、京都、大原でステキな生き方をされているベネシアさんの本「ベネシアの言葉」に書かれている文章
今年の誕生日に長男の嫁が送ってくれた本
毎日、辞書を引き引き読み進めている 
とても痴がましいが見て 触れて 感じるところが私と似ている(勝手に思っている)
   昨日駐車場の草取りをしているとうっかり猫じゃらしの目を抜いてしまうところだった
猫じゃらしは古民家暮らし、古民家レストランには欠かせない大切なもの!
もう少ししたら素朴な花瓶や花かごに生けて楽しめる
   絵のモデルとしても大助かり
ベネシアさんのおっしゃる通り 猫じゃらしだけでなく素朴で清楚な草花は「つつましやかでである様・・・」
教えてくれる
  「The  heart at rest sees beauty in everything.」
「安らかな心は すべてのものに美しさを見出す」
久々に英語に触れる事で古びた脳が少しづつ快活になる様な・・・?


2019年

5月

01日

平成から令和へ

    

    凛とした空気 
   そこに冷たさはなく温かい空気が流れていく
    こんな時間が長く 永く流れてほしい
    令和の朝を迎えた
    時計の針はいつものように時を刻んでいる
    テレビをつけると
    125代天皇の即位に纏わる儀式が厳粛な空気の中で行われている
    見入ってしまった
    一つの時代が終わり新しい時代を迎えるその瞬間の厳かな儀式に
    立ち会えている自分に驚いている
    大化から始まり231の元号(時代)があったと知った
    幸せと悲しみが繰り返されて来た
    これからも・・・
    地震等の災害は防ぎようはないが文明による様々な害や戦争のない
    世の中を作る
  「国民一人ひとりの想いを言葉にし、そしてそれを実現させる為、
    一歩踏み出す勇気があれば」
    事は出来ると私は思う
    令和を「beautiful harmony 」と訳された人がいる
    そうなる様「何が出来るのだろうか?」
    元号なんていらない!そうおっしゃる方もいらっしゃる中で
    私はそこに文化を感じる(感じたい)
        一昨日から家族旅行でで出かけていたので今日はお休み
    テレビを朝からつけっぱなし
    いま、5時になろうとしている
    「令和の始まりに新時代をどう生きるか」そんなテーマで
     話されている
    「空飛ぶタクシー、分身ロボット、リニアー新幹線等が出来る」
     そんな事が話されている
     令和、どんな時代になるのだろうか?

2019年

4月

22日

初夏

    長く咲いてくれた桜も終わり新緑が眩しい季節になった
毎週のように出かけていたが今日はゆっくり!
午前中はお部屋の掃除やお布団を干したり、午後学生時代の友達がいらっしゃるのでケーキを焼いたり
ワインのお供を作ったり、いい時間が流れた
友達を待つ間コーヒーを飲みながら庭の木々に目をやった
    雪団子が咲いた花みずきにも 蝋梅にも優しい緑葉が・・・
暖かく、初夏を思わせる陽気につい体が軽くなりあれもこれも・・・
成長した蕗や山椒の艶やかな柔らかい葉と目が合い「旬ですよ!なんとかして!」
そう、言われているようで佃煮も
そうこうしているうちに友達が駅に到着する時間になった
久々の再会に話は弾みワインも、アヒージョも美味しくできて幸せな時間が流れた
「永和の時代どう生きていこうか?」そんな話で持ちっきりだった
再会を約束して見送った


2019年

4月

15日

ネモフィラ、チューリップ・・・

2019年

4月

09日

同窓会

     日曜日、7日に群馬県の水上で高校の同窓会(同級生会)がありお店(お昼)を終え、6時の宴会に間に合うよう出かけた
常磐線に乗り車窓から見える満開の桜にうっとりしながら久々に会える同級生に想いを馳せていた
新幹線に乗り換えても満開の桜はしばらく続いていた
上毛高原駅にはホテルの車が迎えに来て下さる事になっていたが同級生からある人(内緒)が迎えに来ると?電話があった
なんとなく誰か分かっていた
駅に着くと義姉が車から手を振っているのが分かり運転している主が「やっぱり!」であった
   楽しいおしゃべりをしながら水上へ向かった
途中懐かしい桑の木の風景に出会いあまりの美しさに写真を撮りたいと言うと車を止めてくれた
又しばらく走ると雪景色の谷川岳が目の当たりに再度「わーっと奇声を上げると「又写真?」と呆れられた
    ロビーに到着すると懐かしい「顔」「顔」・・・
いい年を重ね皆それなりの風貌だったが瞬く間に高校時代の顔に戻った
宴会までの待ち時間を同じクラスの友達とお部屋でさまざまなお話に花が咲いた
    お世話になった先生お二人もいらして下さりお話はますます広がった
二次会も終わり夜中になったが温泉にゆっくり浸かりぐっすり眠った
    朝食でも、帰るギリギリまでお話しし、笑い合い再会を約束して水上を後にした
今回は同窓会の他にもう二つの楽しみが待っていた
兄が迎えに来てくれ姉と共に猿ヶ京に向かった
義姉のお兄さんの早稲田のラグビーの先輩が赤谷湖を望む山の中腹に素敵なログハウスで生活されていらして義姉が是非私を連れて行きたいと・・・
想像に絶するほどその佇まい全てが素敵で感動!晴れていると赤城山が望めると言う(曇っていたのでそれは残念だったが)
奥様の手料理の数々の美味しさにもびっくり!
まるでベネシアさんのような暮らしだった
ここでも再会を約束して後にし、今度は横浜にいる兄達のむすめが今週末四日市に転勤という事で会いに・・・
姪のご主人の人柄の良さは以前から分かっていたが又再認識し、3歳の子供と三人で新たな地でも幸せに暮らして行けるだろうと安堵した
一泊し今日は川崎にいる兄を呼んで築地でお寿司を食べ二泊三日の忙しくも楽しい旅が終わった


2019年

4月

01日

新元号「令和」

永和」
新元号の事が話題になるにつれ私は永遠に続く平和を願って「永和」になったらと思っていた
     今朝、友達から「遊ぼう!」と電話があり、「お花見しよう」ということになった
柏の布施弁天(東海寺)の近くのあけぼの山に出かけた。駐車場に着くと真っ青な空の下咲く沢山のチューリップやパンジーが、風車が目に入った(オランダと姉妹都市?)
新元号を知ったのは参拝している時ネットで知った
「令和」
一瞬「りょうわ」と読んでしまった
万葉集、「初春の令月にして、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披く、蘭は珮後の香を薫す」
歌人で武人の大伴旅人(おおとものたびと)の太宰府にある邸宅で開かれた梅花の宴の様子を綴ったものだという
余談だが、大伴旅人で思い出すのは高校の時に覚えた「なかなかに人とあらずは酒壺になりにてしかも酒に沁みなん」の歌を思い出す
なるほど・・・
「令和」の意味に関する説明が色々あったが私はロバートキャンベル氏のコメント
「平和になるよう努力をし、平和の尊さを思い行動に移すという意味をくみ取るのがふさわしい」
がぴったりだった。
というのも「令和」と知った時友達が「命令の令」だからピンとこない嫌な感じと!」に対し私は「平和を一人一人が作り上げていく!」そう思うよ!と話していたのだ
常々私は「幸せや平和は与えられるものではなく自分で作っていくもの(難しいけど)と思っている
    キャンベルさんのおっしゃる「平和になるよう努力をし、平和の尊さを思い行動に移すという意味をくみ取るのがふさわしい」
一人の努力、行動は小さな物だけどみんなが集まれば大きなものになる!
「令和」にそんな願いを私も込めたい
元号を用いているのは今は日本だけだという、人それぞれ色々な考えはあると思うけど私はそこに文化を感じる
      あけぼの山の桜は見事だったが人の賑やかさ、出店の多さに驚いた
しばらくぶりのあけぼの山のお花見だったが三分の一程度の木が抜かれていたのが寂しかった
そこを後にしつくばの研究所の桜も見ようと足を伸ばした
今年も「お花見できたね!」と新元号の発表もあってかいつもと違うお花見だった!満足した1日だった

2019年

3月

25日

コストコデヴュー

    春なのに、ここ2〜3日震えるほどの寒さが続いている
昨日は恒例の孫達のお泊まり会で孫ざんまい!
大きくなったのでお食事さえ用意すれば良し、とても楽になった。
    朝食を済まし、孫達を次男の家に届けその足で長男の嫁Aちゃんと二人
千葉の白井にある「コストコ」へ・・・
噂には聞いていたが色々びっくり‼️
倉庫のような建物に入り大きなショッピングカートを二人で押しながら
あちこちキョロキョロと
量が多いのでシェアすれば良い買い物になるのかも?
    カートがいっぱいになりふと、今日の目的(四月初めにある高校の同窓会に
行くことになっておりついでに実家にも寄ろうとお土産にするチョコレートを!)を思い出し慌てて探した。
見つかった!
このチョコレートは初めてスイスに行った時出会った物で大好きなもの!かなり高い物だがここでは安かった
Aちゃんが「お母さんガソリンも安いよ!」と教えてくれ満タンに!
結構爆買いしてしまったが楽しかった!
   お留守番の孫達にお寿司を買って帰ると息子達が美味しいお味噌汁を作って待っていてくれた
成長していく孫達との春休みを今年も楽しませてもらった!
高校生になっても大人になってもお泊まり会をしてくれるそう

2019年

3月

21日

お彼岸に届くおはぎ

    今日はお彼岸
春と秋の2回のお彼岸にお菓子作りの得意な友達から届く美味しいおはぎ
今日も心待ちにしていた
いつも頂くばかりなので先日テレビのお料理番組でやっていたくるみ入りのおいなりさんを
朝早くから作りぶつぶつ交換♫
「おはぎを午後に届けて下さる」とメールがあり「じゃあお茶しよう!」と・・・
3時から5時までおはぎとおいなりさんとでおしゃべりを・・・
久しぶりだったので次から次へといろんな話題
美味しかった!楽しかった!
      今、夜10時
テレビで「老いる」「死ぬ」ってなんだ!「にんげんってなんだ!」いう番組をやっている
なんとなく面白そう
もう寝ようと思いつつ見てしまいそう


2019年

3月

19日

菜の花色の小袖

      先日友達から「菜の花色の小袖」ときわやすこ著 と言う本が届いた
「読んで!」と
「読書リレーブーメラン」としてみんなに読んでほしいと・・・
綱吉の時代 、赤穂浪士、華やかな江戸の片隅で必死に生きていた一人の女性の物語
あっという間に読めた。
いい本だった。
いつの時代も人間の欲によって生まれる戦いに犠牲になるのは多くは女性と子供!
主人公「小磯」と唯七「赤穂の浪士」の間に芽生えた恋も実らず・・・
「悲しい事辛い事、生きていたらいっぱいあるけど、しかし前を向いて歩いていたら必ず良い事が訪れる」そんな小磯に励まされた本だった。
読みたい方がおりましたらお貸しします。
いい時間をくれた、感動をくれた友達の思いに寄り添いたくて

2019年

3月

19日

レッスン 中

    「ホーホーホーホーケキョ   ケキョ  ケキョ」
中々ホーホケキョ♫にならない
幼い鶯なのだろう
近頃の目覚ましはこの鳴き声♪
必死に練習している様子が
可愛くてたまらない
     今日は3番目の孫の小学校の卒業式、パパとママは参加のため
一番チビとデート
そのため遅刻出来なかったので念のため携帯に目覚まし時刻をセットした
        さて何して遊ぼうか?
映画を見ようとしたが「見たい映画がない!」との事でつくばにあるプラネタリウム(ここは時間が合わずに断念!)
とJAXAに連れて行こうと決め出かけた
JAXAは🆗だった。
「はやぶさ2」の功績や「かぐや」が捉えた月からの「地球の出と入り」に感動していた。
科学技術の進歩に私も・・・
   勿論アナログで必死にレッスンしている幼い鶯にも・・・
うなぎが大好きなチビと二人で牛久沼湖畔にあるうなぎ屋さんで「うな重」を頂いた
息子たちから卒業式の様子がラインで送られてきた
ば〜ばバカとしては卒業し中学生になる「凛々しい孫の姿に」感動だった
   今日は、感動がいっぱい!


2019年

3月

11日

8年前の今日

    穏やかな春を感じられる日だった
お仕事を終え家に帰った瞬間ぐらっと揺れがあり、いつもならしばらくしたら止むだろうと思っていた。
しかしその日は全く違っていた!
地面が波打つように揺れ、あらゆる物の揺れがいつもと違っていた!
大切にしていた石膏のアリアスが割れてしまった!
余震が幾度となくあり息子たちが心配して泊りに来てくれた!
ガソリンスタンドに並びスーパーに並んだ!
    怖かったが東北を中心に甚大な被害がテレビから実況され「何が起こってるの?」と目を疑った
こんな事が起こるのだ!
日に日に被害の大きさが伝わって来た
東京電力福島原発の事故!・・・
     私たちに何ができるのだろうか?そう考えている時に「被災地に来て、見て、食べてください!それが被災地の助けになります!」
「これなら出来る!」
私が所属している合唱団の二十五周年コンサートを開催しその時頂いた義援金を届けに被災地を訪れた。
石巻 女川、気仙沼・・・
時間は経っていたがあらゆるところに想像絶する風景があった
     そんな中で咲いていたひまわりに「私たちは 前を向く!辛いけど前へ進む」・・・残された人々のそんな決意を見たような気がした
「風の電話」と言う電話ボックスが設置されたニュースを聞いた時いたたまれない思いでいっぱいになった
「もしもし     もしもし・・・」と死者や、行方不明の大切な方へ何度も何度も呼びかける
応答はないと分かっていても・・・
忘れられない、忘れてはいけない日!
        今日は嫁Yちゃんのお誕生日 
今年は受験生の母、頑張るのは本人!だが色々とケアーが大変!
元気で頑張ってほしい

2019年

3月

04日

ミモザケーキ

    昨日はおひな祭り、今は昔・・・
まだ雪のある寒い日に大きな葛籠(つづら)からお雛様を出し家族で組み立てたもの
我が家にも3人の女性(私も含めて)がいるのだ!
いつもはちらし寿司を作るのだが今回は先日、テレビ「グレーテルのかまど」で見たミモザのケーキを作ることにした
とても美味しそうだった!
イタリアでは3/8、国際女性デーに男性からミモザの花を贈る日なのだそう、そしてミモザのケーキを作るそう
スポンジを焼きカスタードクリームと生クリームにレモン🍋の果汁、皮を入れたとても爽やかなケーキ!
なかなかの出来!本当に爽やかなケーキだった
男の子ばかりの孫「侘助」からラインで「超美味しかった!」とお褒めの言葉
褒め上手な事!
私はすぐに木に登る




2019年

2月

25日

カラオケ

     汗ばむほど温かい日
今日は友達とカラオケをしようと出かけた
歌う前にお昼をと市内のレストランへ・・・
そこから満開の梅が見えた
春を感じた
歌いまくった!色々なジャンルの歌を
一生懸命歌うとそこでも汗が出た
     夕方、美浦の木材屋さんへ出かけた
店の商品の陳列だなに使おうと・・・
そこのご主人様、若ご主人様のお人柄の良さに息子も私も時々伺う
山のように積まれた木材の数々、その中に気に入ったものが見つかったが
それをどのように取るのだろうと見入っていた
フォークリフト(?)でいとも簡単に欲しい板が取れたのだ
もみじ材だという
車に積んで頂き、帰り道、ここまで来て良かった!とつくづく思った。
家に着くともう真っ暗
灯りをつけた瞬間一匹のハエが飛び回っていた
「ハエ一匹 一足早く 春知らせ」
良い日だった