2018/10/22
久々の快晴 まさにこれぞ秋晴れ、カラスウリも真っ赤に染まり・・・ 今日は朝から大忙し、長男の嫁(Aちゃん)とお友達茶蔵の手づくりのお店の大改装! その前にお布団干しにシーツやタオルケットの選択! お日様の恩恵をたっぷり頂いた。 11月に彼女たちの2回目の「ハンドメイドマルシェ」11/8(木)9(金)10(土)のために・・・...
2018/10/15
10月に入って30度近い日があったかと思うとここ数日は寒いくらい・・・ 今日は秋そのもの、あちこちの紅葉の便りがテレビから知らされる そんな中、ドライブがてら美浦村にある木材店(店の棚用の)に出かけた 大杉神社、こうの大福店経由で・・・ 目的店に着くとあまりに大きいお店にびっくり‼️木のいい香りがお店いっぱいに広がっていた...
2018/10/08
10月に入って30度近い日が続いたがやはり、秋の空気が流れ、空が広がっている 依頼された絵 を描き終えてもイーゼルにキャンバスをそのままに、そこを通るたびに次の絵の構想を練っている 芸術の秋にどっぷり浸かりたくて・・・ つい先日に自分たちのコンサートを終え、ほっとするまもなく、昔の仲間のコンサートが目白押し・・・...
2018/10/01
開演前、ドレス姿で緊張している仲間たち・・・ 今日から10月 名術ともに秋になった 昨日は私が所属している合唱団「コールヴァンヴェール 」の30周年コンサートだった。 台風が直撃と予想され、心配しながらのコンサートだったが何とか無事終えることができた。 30年前 公民館のそばを散歩していると中から大好きな曲「エーデルワイス」の歌声が流れてきた。...
2018/09/24
近くの若柴の道を1時間ほどウオーキングした 一週間前は何もなかった?そんなところに咲いた彼岸花・・・ お彼岸が終わるのと時を同じくして枯れていた 夏が背を向け、小さい秋がお目見えして来た 汗をかいて家に戻ると、中学二年生の孫からラインが入っていた♪ 「カラオケに行こう♪」と ホイホイと返事をし、4人の孫と出かけた。...
2018/09/18
待ちに待ったイルディーヴォ のコンサート♪ 武道館まで出かけてきた 九段下の改札を出ると武道館、靖国神社へのアプローチは 桜と銀杏並木が続きその季節ごとの美しさを浮かべながら田安門の近くまで来ると お堀近くに彼岸花が出迎えてくれた。 重厚な門を潜るとそこは武道館♪ 心が高鳴って来た。 「イルディーヴォ 」...
2018/09/10
本格的な秋になりそう!明日はかなり涼しいと言う そろそろ衣替えが必要とも・・・と天気予報 「何もない事が幸せ!」そんなコマーシャルがあるが今日のお休みは 全く予定がない 時間がゆっくりと流れている 依頼されている絵を完成させよう!とキャンバスに向かった チェロが好きで、最近ハウザーにはまっている 特にアダージョが好きで繰り返し聴いた...
2018/09/02
「「哀蚊」。そう書いて「あわれが」と読む。太宰治の短編小説「葉」の中に出てくる。「秋まで生き残されている蚊を哀蚊と言うのじゃ。蚊燻(かいぶ)しは焚(た)かぬもの。不憫(ふびん)の故にな」。  そう聞けば、哀蚊の「哀」にほだされて九月の蚊を打つ手もためらい、見逃してやるかという気にもなる。...
2018/08/25
先日新潟の瀬波温泉、笹川流れに一泊の旅に出かけた とても静かな美しい日本海がそこにあった 49年お兄さんの看病を続け終えて、悲しみを乗り越えて、新盆を終えての旅だった 親友であり義姉♪高校時代よく私の家に集まった5人の中の一人だった 母が「うちにはまだ結婚していない息子が二人いるので誰かお嫁さんに来てくれない?」...
2018/08/15
晴天の日だった。頭に戦闘帽、足にスキー靴。1945年8月15日、花森安治さんはそんな格好で玉音放送を聞いた。「戦争に行かなくて済んだ。死なずに済んだ」。心からほっとした。...

さらに表示する